レジ袋はどこで買う?通販サイトを比較!!

top > レジ袋の豆知識 > レジ袋をまとめて用意する事も大切です

レジ袋をまとめて用意する事も大切です

お店を営業する方の中には、レジ袋をまとめて用意する必要があるため、なくなってしまう前にきちんとストックを用意する事に注目です。ストックをきちんと用意したい時に、購入しやすいお店を見つけることも重要になります。いろんなお店があり、必要な物を揃えやすくすることを考えていくことも大事なポイントなので、インターネット通販サイトをチェックすることもオススメです。業務用の商品情報もチェックしていくことができるインターネットサービスを探す事もできたりと、仕事で必要な物を簡単に揃えることができるメリットに注目です。必要な分をまとめて注文して、届けてもらうことができれば、手間なく必要な物を揃えていくことができるようになります。仕事で忙しい方も多いため、必要な物を簡単に揃えていけるように考えていくことも大切です。


イベントでも必須のレジ袋は通販が便利

レジ袋は有料と無料の差もありますが、通常はスーパーや百貨店のお会計時に必ず付いてきます。商品を入れることが主な目的であり、袋自体がないというケースは皆無といえるでしょう。もし、在庫が切れていれば売上だけでなくサービスレベルが大幅に下がる可能性があり、現代の日本においては前代未聞というレベルの問題です。そんなレジ袋は通販でも販売され、100枚単位といった小ロットでも注文できます。近頃はフリーマーケットや個人が集まるイベントでも必須のアイテムとなり、レジ袋は様々なシーンで活躍中です。簡素なタイプであれば1セット100枚入りで100円前後ですので、個人でも負担が少なく便利となっています。一方の法人用はたくさんの種類から選択でき、まとめて買うほどお得になるシステムです。また、無地のタイプ以外に、多くの場合はオリジナル印刷の発注にも対応しています。


レジ袋はどうして有料化されたのか

レジ袋のポリエチレン製であり、原料は原油になります。紙袋より安価に作ることができるので、1970年代後半から劇的に普及しました。しかし、消費量が増えるたびに劇的に増え、ゴミ袋として利用されていた物が、次にはゴミとして大量に廃棄されるようになりました。また石油ショックや環境意識の高まりから、レジ袋を削減する流れになりました。無料で提供されるままでは、たいして削減につながりません。また、環境意識の高い外国では元々有料で提供されています。ドイツやフィンランドでは12円から20円で提供されています。有料化することで、販売店側はコスト削減ができ、また削減されたコスト分、商品価格を値下げしたことで企業イメージアップにも成功することになります。結果、袋は有料化されることになっていきます。しかし、レジ袋を削減することは環境保護にはあまり影響はないと考えられています。

次の記事へ

PAGE TOP